相続税について知っておいた方が良い事

「相続税」と聞くと、お金持ち、資産家の財産関係の話をイメージしがちです。

普通の家庭の主婦やサラリーマンの人は、「自分は相続税とは無縁」と思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし実際には、一般の生活をしている人にも、相続税が関わって来る事があるのです。

一般の生活をしていて、巻き込まれる可能性として一番多いのは、「相続税を支払わなければならない立場になる」という事です。

相続税はその名の通り、「相続をする時に、発生する税金」の事です。
例を挙げますと、父から子へ土地を相続する時には、相続税がかかります。

「相続税がかかる」という言葉の意味を良く理解していないと、相続税支払いの際にあわてる事になります。
上記の例ですと、父が持っていた土地が8000万円の価値のある土地だとします。
仮に、父が他界した場合、特段の書面などが無い場合、自動的に子が土地を相続します。

その際は、一般的に「子」に「相続税」を支払う義務があります。

土地の名義変更を行う際に、「父→子」に名義が変わります。

相続人(子)は、相続税を支払って、土地を手に入れる訳です。

ここで問題になるのが、相続税が「意外に高い」事です。

参考:相続税計算

相続する資産価値の高さに従って、相続税も決まります。

8000万の土地でしたら、控除額や相続人の人数により異なりますが、概算で600万円程度は相続税の額になります。

相続が決まってすぐに、相続税の金額を用意するのは、苦労する人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、相続税額は、不動産や財産の種類、相続人の人数など様々な条件により、控除額や税率が異なるので、必ず国のHPで確認しましょう。

まず一般の人は、「そんなに土地や財産はないので」と相続税を気にしません。

しかし、自分の気づいていないところに、親名義の財産があったりすると大変です。

自分も親も若いうちは、親に相続税の話をするのはタブー(多くの相続は、親が他界した時などに行われる為)です。

ただ、両親が高齢になり、病気になったりした場合は、少し、相続に関する事を気にかけてみてください。

Blog Home